講師プロフィール

お花と天然石、それぞれの専門家が組んで暦や旬、歳時記に合わせたオリジナルメソッドのフラワーアレンジレッスンをご提案しています。

 

それぞれの専門家とは?

 

【フラワーアレンジ・ことば担当】千草湊と【天然石・開運術担当】遠山志野の田園調布雙葉同級生コンビがアイディアを出し合って作品テーマを決めて、それぞれが専門家として、花材や天然石のクオリティーを見極めてレッスン材料を整えております。

 

花と天然石はどちらも全然ジャンルが違います。どちらもめまぐるしく変化する世界でして、兼業で常に良質な材料を揃えられるほど浅い世界ではありません。ですので、それぞれの専門家が必要なのです。

 


なぜビジュフルールを始めたのか?

 

ヒトは生まれながらに皮膚から’氣’を感じるチカラを持っています。

 

運氣アップの知恵を日常生活に溶け込ませながら、あらゆる角度からそのチカラを使いこなしているのが、2600年以上ひとつの王朝が続く世界唯一の国である日本の伝統文化。

 

ただ、それらは、知っている家だけ知っていればいいので、口伝がベースです。よく生徒さんからは「本を出せばいいのに」と言われますが、やはり奥が深すぎて安易に出版などは考えられないな…というのが実情でして、ビジュフルールでも学びに来てくださった方に口でお伝えするという古来の習わしにのっとった形式になっております。

 

また、風水効果は、アーティフィシャルフラワーでは弱いとはよく言われます。それはその通り、エネルギーだけ見れば、生花と単なるアーティフィシャルフラワーでしたら比べるべくもありません。
とはいえ、生花はケアが必要になりますし、夏場はもちませんし、今は冬もマンションなどは暖かいですから、あまりもたないことも…
そこで、ビジュフルールでは、アーティフィシャルフラワーを活きた花にして、フラワーアレンジをして頂きます。

 

最終的にはどちらのアレンジも出来た方がいいので、アドバンスクラスでは、生花のアレンジに挑戦してもらうこともありますが、初年度のベーシックコースではアーティフィシャルフラワーをメイン花材にしております。

 

ただし、ベーシックコースのファーストレッスン〈基本レッスン〉では、生花のアレンジをやって頂きます。
アーティフィシャルフラワーはワイヤリングなどでどのような形にも出来るのですが、やりすぎるといかにも作り物になってしまいます。
最初に自然の花に触れておくことで、その後のアレンジが自然になり、ナチュラルなアレンジになるからです。

 

そして、日本の伝統文化に根付いた生活の知恵に秘められた開運ポイントを知り、花と石で彩られた歳時記や季節を意識して、さりげなく日々の生活を送りつつ、家に居ながらにして運氣アップしていってください。

 


講師sはこんな人たち

 

【お花、コトバ担当】千草 湊

 

想像力の豊かさに魅了され、シュルレアリスムやファンタジーから着想を得たことばやおはなしを紡ぐ。

【著作】
2004年「ころがっているもの」(ことばの本)
2006年「たとえば空を飛ぶように。」(ことばの本)
2013年「color of Sicily」「The World of Light」(ともに海外写真とことばのミニブック)
また、2014年春~夏ロンドンへ留学。
イギリス文学や詩文化に感銘を受け、ミニブック「Poem of the days」を制作。

【活動】
2015年、クラシック音楽に朗読を織り込む新しい舞台を創作したり、言葉や詩のもたらす想像力の豊かさを広めるため、コトノハ部を立ち上げる。
ホームページ:「詩的」chigusaminato.com

趣味:読書、舞台観劇


 

【天然石、座学担当】遠山 志野

 

2006年、サンビオーズ・デ・タラン株式会社設立。
宝石の仕入れ・販売に携わり、2009年より天然石コーディネーターとして活動開始。
2014年まで渋谷の東急Bunkamuraにて期間限定で天然石アクセサリーショップ「linxstone」を出店(現在はお得意様対応のみ)。
現在、各種天然石ワークショップのほか、マギの学校主宰としても活動中。

趣味:歴史全般、読書(ほぼ漫画)、バレーボール、テニス、オリンピック観戦、クラシック音楽鑑賞、美味しいものを食べる

 


講師sよりメッセージ

 

暦という宇宙法則を学び、天然石という大地のチカラを感じながらフラワーアレンジメントを毎月作っておうちに置くだけで、そのおうちに住まう人全員の運氣がアップします。
また、学べば学ぶほど、日本の伝統文化の奥深さに触れることになります!