ビジュフルールとは

水晶など、置くだけで空間浄化能力がある天然石もあります。

 

が、お花と組み合わせることで、風水効果美しさはもちろん、インテリアアイテムとしてのグレード感もアップさせた花と天然石のコラボレーションアイテム

 

―― それが『ビジュフルール®』です。

 

ヒトは生まれながらにして、‘氣’を感じるチカラを持っています。

 

おうち ―― そこは、寝ている時間も含め自分のカラダがもっとも影響を受ける空間。

 

その空間の影響をないがしろにして、運氣アップや開運って難しいと思いませんか?

 

ちゃんとした知識をもとに『空間』をコントロールすれば、そこに住む人全員の運氣があがります。

 

〈運氣アップ〉や〈運命を変える〉ということを考えるとき

  1. 「自分が」がんばるということ
  2. 『空間』のエネルギーを利用すること

この両面からの働きかけが大事なポイントとなります。

 

例えば、受験生。「ちょっと今の実力では届かないかな?」という学校が志望校だとしましょう。
もちろん、本人の努力も必要ですよね。
ただ、本人がやる気になっていても、友だちが受験を考えていなくて遊びに誘ってくる環境なのと、それぞれに行きたい学校があって頑張っている友だちに囲まれている環境では、違いますよね。
つまり、日々『どこに身を置くか』ということが、とても大事なのです。

 

それで、少し頑張りが必要だった学校に入れると、
その試験レベルを突破している子たちと同級生になります。
そうすると、その中でいい刺激を受けますよね。
本人の頑張りが1とすると、周囲との切磋琢磨は倍×倍ゲームで増えていきます。
1→1で頑張り続けるのは、なかなかの根性が必要となりますし、疲れます。
0には何をかけても0のままですが。

 

偏差値バンザイ!なのではありません。
各々に合った学校に行くのがいいと思いますし、
学校に行かないという選択肢だってアリだと思いますが、
頑張ることは〈選べる選択肢〉が増えます。

 

また、休息して、環境がよければそこからのリスタートは簡単です。
その休息&リフレッシュも、活きてきます。
でも「よし、今から勉強再びやるぞー!」と思っても、机の上が乱雑な状態だったらどうでしょう?
私なら見なかったフリをして、再び寝ます(笑)。

 

また「合う学校が分からない!」という方には神頼みがおススメです。
ご縁は神様の領域ですから。
ただ、神様への聞き方というものもあります。
その辺りのことをお伝えするのが、神社参拝の座学です。
また、神様を汚れた場にお呼びするのは失礼ですよね。
だから神社仏閣は、掃除をとても大事にしています。
ただ、日々そこまで掃除をしている時間もないでしょうから、効率のいい簡単ナチュラルクリーニングなども掃除の座学でお伝えしています。

 

神様にとっても、お花も飾ってないような場に呼ばれて頼まれるのと、お花を飾ってキレイにしている場に呼ばれて頼まれるのでは、どちらが願いを叶えてあげたいと思うでしょうか?

 

パワースポットと呼ばれる場所も、そこがあなたにとって’常に’’よいところ’かどうかはわかりません。
相性もタイミングもあります。
前はよかった場所なのに、最近行ったら「あれ? なんか違う…」と思ったことはありませんか?

 

あなたにとってイイパワーのエネルギースポットを〈イヤシロチ〉と言います。
合うところだと、居心地がよかったり、ホッとしたり、スッキリします。
それがあなたにとっての〈イヤシロチ〉。

 

おうちを〈イヤシロチ〉にするのが一番いいと思いませんか?

 

また、せっかくおうちに飾るのでしたら素敵なものじゃないとイヤですよね!?

 

〈センス〉も人それぞれなのですが、飾るおうちに住まう人が、家のイメージが自然と意識にある中で、そこに合うようにアレンジしていっているのも、とても面白いですし、出来上がった作品を見て、生徒さんのおうちが「こんな感じなんだろうな~」と感じることも多々あります。

 

また、ご実家やお義母さまの家に、叔母さまの家に…と作られる方もいらっしゃいますが、その方と置く家のことを考えて作られているので、とても喜ばれるようです。
お母さまたちにとっても、気にかけてくれたり、毎月1回顔を出してくれるのも嬉しいのではないでしょうか。

 

「自分にはセンスがない!」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、大丈夫です。
その日に着る洋服が選べる方は〈センス〉はありますよ。
何かを見て「コレいいな」と思うなら〈センス〉はあります。
本当になければ、すべてのものが同じように見えることでしょう。

 

正しくは『センスはあるけど表現の仕方を知らないだけ』です。
あとは共感者が多いか、少ないかだけのこと。

 

お花はそれだけでもキレイですが、目を惹くものでもありますので、基本の型を完全に無視すると見ている方に違和感を与えてしまいます。ですので、講師は〈センス〉には口を出しませんが、そこは外さないようアドバイスをします。

 

そして、くり返しアウトプットして、他の方の「いいな」というところを感じて取り入れ、みなさまご自身なりのセンスをどんどん確立して、各々の個性が活きた素敵な作品を作られています。
生徒さん作品を随時アップしておりますのでご覧ください。→生徒さん作品一覧

 

また、素材に関しても、天然石と花、それぞれのプロがきちんと選んでおりますのでご安心ください。
どちらも奥が深い世界なだけに、これはすごく大事なことなんですよ!

 


レッスンについて

 

年間コースの【ベーシックコース】と、ベーシックコース終了後に受講可能な【アドバンスクラス】、不定期開催の1dayレッスンや体験レッスンがあります。

 

【ベーシックコース】は暦を学び、日本文化に秘められた開運術のポイントをおさえながら、天然石とお花で1年を巡り、季節を彩るコースです。

 

暦は、日本国家が2600年以上に渡り収集したデータを基に作られた、時間コントロール術の知恵の結晶です。

 

つまり、暦を学びお花を飾ることは、時間×空間のコントロール術でもあるのです。ただ、それだけの知恵の結集したものですから、限られた人に口伝でしか伝わらない奥の深いものでもありますし、もともと日本の花活けは〈神社の花〉が発祥です。

 

また、日本は500種類以上の木がある、植物学的には世界でも特殊な国です。

 

ただ、現在の日本の家屋は洋風がほとんどですので、ビジュフルールでは、洋風のフラワーアレンジの基本をベースに、少しアレンジしています。

 

レッスンについて

 


ビジュフルールの歩み

 

田園調布雙葉学園時代の同級生である2人で、天然石とフラワーアレンジを組み合わせた『ビジュフルール』を考案。
1dayレッスンや試作会を重ね、2013年より年間レッスンをスタート。

 

2014年秋には作品発表の場として、三井住友銀行都立大学駅前支店のウィンドウを飾り、2015年秋と、2017秋には生徒さんの作品発表会として田園調布のコミュニティプレイスにて2ヵ月に及ぶ『ビジュフルール・フェスタ』を開催。

 

30年間フラワーアレンジメント講師をつとめた母の影響でフラワーアレンジを始めて15年目の千草湊がレッスンでのフラワーアレンジを担当。また、毎回のテーマに合わせた詩などを言葉カードに載せて紹介。

 

そして、天然石コーディネーターの遠山志野がレッスンでの天然石と、暦と運氣に関する座学を担当し、日本の文化伝統に秘められた様々な知恵を伝授します。

 

講師sプロフィール

 


お問い合わせ先

 

bijoufleur.cs@gmail.com

基本はメールのみのサポートとなりますが、お返事がお送り出来ない場合があります。
3日経っても事務局より返信がない場合は、お手数をおかけしますが、迷惑メールフォルダと受信許可設定をご確認の上、別のアドレスより再度ご連絡くださいませ。

 


メールマガジン登録

 

ビジュフルールに関するお知らせ、レッスンでお教えしている「やった方がいいよ~」ということのリマインダー、二十四節気に合わせたお便りなどをお送りしております。

 

ご登録はどなたでもどうぞ! → 申し込みはこちら